ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

【衝撃】ネットの情報は嘘だらけ⁈坐骨神経の痛みの特徴は2つだけだった!今までの常識が非常識になります。

 

今回は前回の続きの

内容になります。

 

前回の続きって

前回は何を書いてたの?

 

あれ!

覚えてないの?

 

うん!覚えてない(笑)

だから前回のおさらいをして!

 

わかった!

 

前回の内容

 

坐骨神経痛は

〇腰椎椎間板ヘルニア

〇腰部脊柱管狭窄症

が原因となっているより、

 

〇梨状筋

〇中殿筋

が原因となっている事が

多いという記事を書いたよね。

 

あー

そういえば坐骨神経痛の

原因を書いていたよね!

 

思い出した思い出した!

 

それで今日はどんな

お話しをしてくれるの?

 

今日は坐骨神経痛の

〇〇について話をするよ。

 

え!早く聞きたい!

 

坐骨神経痛の〇〇とは?

 

2つの筋肉が坐骨神経痛を

起こしてしまうと言いましたが

どのように起こしているのか?

 

その所をより具体的に

お伝えしていきます。

 

最初に

梨状筋(りじょうきん)

中殿筋(ちゅうでんきん)

の筋肉がどのように動くのか?

 

から見ていきましょう!

 

この2つの筋肉は

ご近所さんだけあって

筋肉の動き方も非常に

似ています。

 

どんな風に筋肉が

動いているの?

 

この筋肉はね!

 

骨盤から太ももの付け根の

骨に付いている筋肉で

 

イメージしやすいのが

「鶏モモ骨付き肉」

かもしれません。

 

その所についている筋肉が

先ほどから説明している

 

梨状筋(りじょうきん)

中殿筋(ちゅうでんきん)

と言う筋肉になります。

 

この筋肉が縮むと

女の子座りをする動き

になります。

 

この女の子座りを

普段動いている動き方

にするとですね、

 

歩いている時と

方向転換する時に

よく使っているんです。

 

なので

このような動きを繰り返して

いるうちにお尻辺りから

ピリピリしてくるのです。

 

そして

このピリピリがやっかないな

症状となるわけです。

 

よく出る2つの症状

坐骨神経痛の症状と

調べると色んな情報が

出てきませんか?

 

しかもその出てきた症状の

中には坐骨神経痛の症状では

ないものが実は含まれているんですね!

 

今調べてみて凄くビックリ

しましたよ( ゚Д゚)

 

なので

坐骨神経痛だけの症状を

上げていきたいと思います。

 

1お尻からふくらはぎにかけて

 ピリピリ痺れるような痛み

 

2椅子の座るとお尻から下に

 ビーン!と痛みが走る

 

この2つの症状が

坐骨神経の痛みに

なります。

 

この2つだけって

初めて知った!

 

ネットの情報って

当てにならない時が

あるのね。

 

この2つの症状を

知れてよかった!

 

周りに坐骨神経痛の人が

多いから教えないと!

 

このように

思っていただけたら

嬉しいです。

 

覚えて欲しい事

今日の記事で

覚えて欲しいことは

2つだけです!

 

1お尻からふくらはぎにかけて

 ピリピリ痺れるような痛み

 

2椅子の座るとお尻から下に

 ビーン!と痛みが走る

 

この2つの特徴的な

症状だけになります。

 

これだけでも

坐骨神経痛について

正しい情報を知れたと

思いますよ!

 

無知は怖いので

正しい情報を頭に入れて

色んな情報に惑わされ

ないようにしましょう!