ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

朝腰が痛くても動いていたら痛みが治まってビックリ!痛みが治まる理由を知ってもっとビックリしよう。

 

朝起きると腰が痛い人

 

「朝、起きると腰が痛いのに

 時間が経つにつれて痛みが

 治ります。

 なぜ起き起きは痛いのですか?」

 

 

この疑問に答えます。

 

 

 

今日の記事内容

 

朝起きたら腰が痛いけど

動いてると腰痛が和らいでいる

人には必見過ぎる情報です!

 

朝の寝起きだけ痛い腰痛

 

今朝起きたら腰が痛くて

どうしよう?って

不安なんやけど

 

朝起きた時に痛い

腰痛なんてあるん?

 

あるよ!

 

あるんや!

 

是非教えて欲しい!

 

そういう腰痛って

結構多いんやよね。

 

じゃ、

朝起きたら痛い腰痛って

どんな腰痛なのか?を

書いていくで!

 

 

朝起きたら痛い腰痛とは…

 

それは腰の関節が痛みの

原因となっている可能性が高い

腰痛やと思うんよ!

 

腰の関節ってどこなん?

 

腰の関節は

「椎間関節(ついかんかんせつ)」

という関節があるんやよ。

 

椎間関節

(ついかんかんせつ)って

どんな関節なん?

 

椎間関節

(ついかんかんせつ)はね、

 

イメージしやすく言うと

空き缶を積んでいくと

一本の棒のようになるやん?

 

こんな感じで

  ⇓

 

f:id:lowbackpain-masa:20191009231114j:plain

 

その上と下の空き缶が

重なってできた端の部分を

椎間関節(ついかんかんせつ)

って呼ぶんやよね!

 

これを腰の骨に当てはまると

こんな感じ

   ⇓

f:id:lowbackpain-masa:20191009233233j:plain

 

次は

椎間関節の図

  ⇓

f:id:lowbackpain-masa:20191009233405j:plain

 

 

そして

寝ている時って

仰向けになったりする

時間が長いからどうしても

 

椎間関節(ついかんかんせつ)

の部分に上と下から

圧力がかかってしまうんや。

 

例えば、

中間管理職の人が、

 

「上司と部下に挟まれて

 頭を抱えている状態」

言えばイメージしやすいと思うわ。

 

f:id:lowbackpain-masa:20191009233904j:plain

 

長い時間そんな状態になって

いるから朝起きて動こうとした時

椎間関節(ついかんかんせつ)が

圧力のせいで縮んでいるのに

 

無理矢理伸ばそうとするから

痛みを感じてしまうんやで。

 

 

だから寝起きだけに痛い腰痛は

「椎間関節性腰痛」

(ついかんせつせいようつう)

ある確率が高いんです!

 

 

時間が経つにつれて腰痛が治まる理由とは?

 

朝起きて痛い腰痛は

わかったけどなんで時間が

経つにつれて痛みが治まるん?

 

その所も教えて欲しいなぁ!

 

わかった!

 

早速教えるよ!

 

時間が経つにつれて

腰痛が治まるのは・・・

 

 

それは

「身体が温くなる」

からなんやよ!

 

温くなると腰痛が楽になるん?

 

そうやよ!

 

なんで楽になるん?

 

なんで楽になるかって

言うとね、、、

 

時間が経つにつれてって要は

朝起きた時より動いているって

ことなんやよね!

 

ということは

「お風呂に浸りやる状態」

同じことでさ

 

そうすると

血管が広くなって

血の流れも良くなって

筋肉も温くなるんやよ!

 

筋肉も温くくなると

筋肉は関節にくっ付いて

いるわけやから腰でいうと

 

「椎間関節」の

(ついかんかんせつ)

動きも良くなるってことなんや。

 

 

簡単にまとめると

 

朝起きて腰が痛い→椎間関節の動き悪い

→通勤等で動く→血管が広がって血の流れ良くなる

身体や筋肉が温くなる→椎間関節の動き良くなる

→腰の痛みが治まる。

 

こんな風になっていくんやよ!

 

これが時間が経つにつれて

腰痛が治まる理由なんです!

 

へー

そういうことやったんやね!

 

今日も私の謎が1つ解けたわ。

ありがとう!

 

それは良かったわー!

 

ここでおまけ!(^^)!

 

椎間関節性腰痛の

(ついかんかんせつせいようつう)

症状を詳しく書いた記事を

貼っておくから、み・て・ね(^o^)/

 

lowbackpain-masa.hatenablog.com

 

 

 今日も最後まで

読んでいただき

ありがとうございました。