ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

腰痛に鍼(はり)をすると効果があるって本当⁈お医者さんも知らない鍼の真実がわかります!

腰痛で鍼を受けてみたい人

「腰痛に鍼は効きますか?」

 

この疑問に答えます。

 

 

今日の記事内容

鍼を刺すことで身体で

起きる現象について

書いてみました。

 

 

鍼で痛みが引くのはなんで?

 

この前、鍼を受け後に痛みがスーッと!引いたんやけどなんでなん?

 

鍼を受けた後って痛みが引くよね!今日はそのところを説明していくで!

 

鍼で痛みが引くのは

2つ理由があって、

 

①鍼を刺すとその刺激が

 脳みそに行き、痛みを

 抑えるものが脳みそから

 たくさん出される。

 

②鍼を刺すことで

 血管が広がり血流が

 良くなる。

 

この2つが一般的に

よく言われていることなんや。

 

でも、

 

どうして?の部分が

意外と説明されてない事が

多いんでその所を補足していくで。

 

それでは①から、

 

まず鍼を刺している絵を

見ていこう!

     ⇓

f:id:lowbackpain-masa:20191027165043j:plain

 

皮膚が一番表面で

骨が一番深い所に

なるんやよ。

 

ここでは

「筋肉が痛みの原因」

仮定して話を進めていくよ!

 

筋肉が痛みの原因と

なったぁるから

筋肉に鍼を刺していて、

 

筋肉に鍼がとどいた瞬間に

「ズーン!」というような

重たい感じを体験するんやよ。

 

その「ズーン!」という刺激が

脳みそまで伝わって痛みを

抑える物質をたくさん出す。

 

この痛みを

抑える物質というのが、

 

「エンケファリン」

いう名前で専門用語では

「鎮痛物質(ちんつうぶっしつ)」

と呼ばれる物質なんやで。

 

そして、

 

このエンケファリンが

身体に鍼を刺すことで

大量に出され痛みを

抑えてくれるんやよね!

f:id:lowbackpain-masa:20191027220414j:plain

 

これが①の補足なんやよ。

 

 

次は②の補足をしてくわ。

 

鍼が刺さっている状態は

①の時に説明したものと

変わりはないんやよ。

    ⇓

f:id:lowbackpain-masa:20191027165043j:plain

 

ここで

①と何が違うんかな?

というとなんやけど、

 

『鍼を刺した時の刺激が

 脳みそだけに伝わるだけ

 ちゃうよ!』って事なんや。

 

ちゃんと鍼を刺した部分も

反応するんやで!

 

その反応というのが、

 

筋肉に鍼が刺さり

血管を広げてくれる

物質を出すように

促してくれるんよ。

 

その物質の名前が

「アセチルコリン」

いう名前の物質なんや。

 

でもこの

アセチルコリンを出させる

物質も鍼が出すように促す!

 

それが

「カルシトニン遺伝子

 関連ペプチド」

いう名前の物質なんやで。

 

アセチルコリンに

カルシトニン遺伝子

関連ペプチド・・・

 

もう難し過ぎて

ようわからん!

 

物質の名前は

このように思って

もらって大丈夫なんです!

 

ではどのように

血管が広がるのか?

 

それは、

 

       鍼を刺す

         ↓

     カルシトニン遺伝子

     関連ペプチドが出る

         ↓

     アセチルコリンが出る

         ↓

       血管が広がる

 

f:id:lowbackpain-masa:20191027221205j:plain

 

 

これが血管が広がる為に

身体の中で起きている

現象なんやよ!

 

そして血管が広がる事で

痛みを出すものと言われている

「老廃物質」が溜まらなくなるんや。

 

簡単に言うと、

台所に洗い物が

溜まっている状態~

綺麗なシンクになる感じ。

 

f:id:lowbackpain-masa:20191027222851j:plain

      ⇓

f:id:lowbackpain-masa:20191027222943j:plain

 

老廃物質が

溜まっていたとしても

 

血管が広がる=血流が良くなる

やから流れてしまって

痛みが引きやすくなる!

 

簡単に例えると、

蛇口から水が出るように

流れるイメージが

わかりやすいかなぁ!

f:id:lowbackpain-masa:20191027223350j:plain

 

このような事が

鍼を刺すことで

起きるんやで!

 

①と②は全く別物に

思うかもしれんけど、

 

「痛みを引かせる」事に

関しては両方ともコミット!

しているという事なんやよね!

 

    

   

腰痛に鍼は効果的!そのワケとは?

 

 上の項目では

鍼が痛みを引かせる

理由について書いてたよね。

 

ここからは

鍼で何にアプローチ

しているのか?を

言っていくで!

 

 

痛みを感じると

いうことは

このような流れで

起きているんやよね。

 

その流れというのが、

 

筋肉が緊張→血の流れが悪くなる

→筋肉に血がスムーズに流れない

→老廃物質(発痛)→痛み

→筋肉が緊張

 

このようになるんや。

 

イメージしやすく

言い直すと、

 

高速道路で先頭車が

ガス欠で止まってしまい

後続が渋滞になり車が

スムーズに進まない感じ

f:id:lowbackpain-masa:20191027221716j:plain

 

そして鍼で治療を

する時には、

 

「筋肉が緊張して」

「血の流れが悪くなる」

これを断ち切るように

アプローチをするんやよ!

 

さっき例えで言った

渋滞がなくなる事に

なるんやよね。

f:id:lowbackpain-masa:20191027222118j:plain

 

鍼で筋肉にこれと

同じ状況を作って

あげれあげれなければ

アカンのやよ!

 

だからちゃんと

このように鍼が筋肉に

刺さってないと

   ⇓

f:id:lowbackpain-masa:20191027165043j:plain

 

全く意味がないんやよ!

 

腰痛に置き換えると、

 

筋肉が緊張(腰)→血の流れ悪くなる

→筋肉に血がスムーズに流れない

→老廃物質(発痛)→腰に痛み

→筋肉が緊張(腰)

 

これが腰痛の人がなっている

「負の連鎖」なんや!

 

鍼をすることで、

 

腰の筋肉が緊張

   ⇓

血の流れが悪くなる

 

この2つを

シャットアウトするから

 

腰痛の負の連鎖が

下の「正の連鎖」になる!

 

筋肉がほぐれ(腰)→血の流れ良好

→筋肉に血がスムーズに流れる

→老廃物質(発痛)消える

→腰に痛みなし→筋肉がほぐれ(腰)

 

こうして

腰痛に効果が出る

わけなんやよ!

 

今日は鍼が

腰痛に効く理由と

痛みが引く理由とを

書いてみました。

 

また、

こちらの記事も

興味があれば見てください。

    ⇓

lowbackpain-masa.hatenablog.com

 

最後まで

読んでいただき

ありがとうございました。