ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

【置くだけで簡単】じんわり温かさがツボに効く!セルフお灸で腰痛を解消しよう。

 

ここ数日急に寒さが

厳しくなってきた事で

 

体の体調管理が心配」

「なんだか身体がだるい」

いう方も多いのではないかと

思います。

 

今回はそんな身体を

じんわりと温かい熱で

腰痛などを解消できる

セルフお灸』を紹介します。

 

実は近年お灸が女性の間で

人気急上昇でお灸女子と

言葉が生まれいるくたい

なんですよ。

 

実は近年、ネットや薬局などで

自宅で使えるタイプのお灸が

たくさん並んでいるんです。

 

お灸の基本の仕方は

もぐさの所にライターで

 火をつけてツボの上に置く

これだけです!

 

そして火を使わないタイプ

のお灸もありますので

匂いが苦手な方でも

安心できますね。

 

自宅で簡単な

セルフお灸で腰痛などの

不調を解消しましょう。

 

 

 

じんわり温い『セルフお灸』で疲れた腰にプレゼントを。

f:id:lowbackpain-masa:20191121155028p:plain

 

最近は天候の変化が

大きくて昼間と朝夜との

寒暖差が激しくなって

きたことで

 

身体の体調管理が

なかなかうまく

できない。

 

腰痛、冷え性、便秘・・・

ところどころ小さな不調を

抱えているという方も

多いのではないでしょうか?

 

そんな時!試すのに

超おススメなのが

東洋医学の【お灸】です。

 

お灸は鍼灸師の先生に

お願いするイメージが

あるかもしれません。

 

でも最近は身近な

ドラッグストアなどに

自宅で使える市販の

お灸がたくさんあります。

 

お灸の台の上の部分を

「もぐさ」といい

 

その部分にライターで

火をつけて

ツボの上に置くだけ。

 

そのツボにじんわり

温い熱刺激を与える事で

血行が良くなり、

 

不調の原因を解消する

効果が見込まれています。

 

この熱刺激が気持ちいい

『セルフお灸』にハマる

人もたくさんいます。

 

そしてセルフお灸を

する事が一部では

欠かせない日課や

習慣になっているんですよ。

 

置くタイプのほか

火を使わないタイプも

ありますので是非

気軽にチャレンジしてみては。

 

セルフお灸を楽しんで

みましょうね。

 

そもそも、『お灸』ってなにもの?

薬じゃなく、人間の自然治癒力で治そうと考える東洋医学

f:id:lowbackpain-masa:20191121154855p:plain

 

お灸は、西洋医学の薬や

手術といった外側から

身体を治すのではなく

 

自然治癒力を高め

身体の内面からの

アプローチに重きを

置いている東洋医学です。

 

なんとその歴史は

数千年以上。

 

元々中国で発展し

その後日本に入ってきて

日本は日本独自の治療法が

確率されていった歴史あるもの。

 

自然治癒力を高めることで

身体の調子を整える。「お灸」。

 

その効能は、自律神経を調整し

たり冷え性、便秘、肩こり、腰痛

様々な現代人が抱えている不調の

改善効果が期待できます。

 

なんといっても、お灸を置く《ツボ》がかなり大事!

f:id:lowbackpain-masa:20191121004450j:plain

 

鍼灸院でプロの鍼灸師が

行う一般的なやり方は

 

身体のツボにお灸の原材料

ヨモギからできている

「もぐさ」を置いて火を

着けその場所を温めます。

 

温めることでツボを刺激

するんです。

 

そのため鍼灸師は

この方は今どんな不調が

ありそれを解消するのに

最適なツボはどこなのか?

 

をしっかり見極めて

施術をおこないます。

 

東洋医学では

人の身体には365個も

ツボがあるとWHOでも

記載されているほどです。

 

東洋医学のいう”健康”は

気・血・津液が滞りなく

流れている状態です。

 

気はエネルギー

血は血液

津液は水などの水分

のことを表しています。

 

この巡りが滞りやすい

場所がツボで押すと

そこそこ!と言いたく

なる所になります。

 

このツボを刺激することで

滞っているものを流れる

ようにして身体の不調を整え

る作用があると言われてる。

 

市販のお灸で『セルフお灸』をするポイント

f:id:lowbackpain-masa:20191115234645j:plain

 

まずはリラックスした

時間帯に行うことが大事です。

 

出来れば『就寝前』がおススメ!

 

ごく一般的な火をつけるタイプの

手順をここでは説明します。

 

その手順は、

 

①位置がずれないように

 「ツボ」の位置にペンで

 印をつける。

 

②ライターでお灸に火を

 つけてからツボの上に

 置くようにする。

 

これだけなので

簡単ですよね。

 

安全面を考えて

必ずお灸に火をつけて

から置くようにして

ください。

 

セルフお灸はせんねん灸を使おう!

 

f:id:lowbackpain-masa:20191121154357j:plain

 

せんねん灸は火をつけてする

タイプのお灸です。

 

ちなみにこの画像の

せんねん灸はどこでも

手に入れやすいので

一家に一箱あるといいですね。

 

お灸の原材料はヨモギですので

タバコの煙とは違ってお灸の煙

は体質改善やリラックス効果が

期待できます。

 

お灸をおきたい!腰痛に効くおススメの『ツボ』と『選び方』

f:id:lowbackpain-masa:20191121154303j:plain

 

それではお灸に向いている

ツボを紹介します。

 

もちろん!お灸でなくても

ドライヤーを使うのも効果的。

 

自分にだけ合うツボを

おさえていきましょう!

 

ここには腰痛に効果のある

『ツボ』と『選び方』が

載っています。

 

www.masa03blog.com

 

【気をつけること】熱い場合はすぐにはずしましょう

f:id:lowbackpain-masa:20191121154114j:plain

 

ツボには程よい熱刺激を

じっくり与えるのが

ポイント!

 

火をつけるタイプのお灸は

火をつけてから3~5分で

火は消えるのですが、

 

その後の余熱も効果に

繋がります!

 

はずすポイントは、

 

せんねん灸の台の

部分を触って熱くなければ

余熱も終わっているで

それがはずす合図となります。

 

しかし

熱い!と思ったらすぐ

取ってください。

 

ヤケドをしてしまうと

本末転倒です。

 

お灸は、じんわり温く

心地いい熱さが目安

です。

 

終わりに。

f:id:lowbackpain-masa:20191121153639j:plain

 

いかがでしたか?

 

とても一人ではできそうに

ないお灸のイメージですが

実は手軽に行う事ができる

のですね!

 

セルフお灸』で

身体の内面の巡りを

スムーズにして

自然治癒力を高めてみましょう!

 

お灸にはリラックス効果や

ストレス軽減の効果も

期待できます。

 

『セルフお灸』で

あなたの疲れた腰と心に

プレゼントをあげてください。

 

 

今日も最後まで

読んでいただき

ありがとうございます。