ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

イタイイタイとさようなら!”腰痛タイプ別”「プロポーションテスト」実践法

 

「イタイイタイ」という感情や

言葉はできれば持ちたくないもの。

 

毎日の生活をもっと快適に

穏やかな気持ちで過ごすことが

できればもっと自分や他人にも

思いやりを持てるはずです。

 

この記事では

腰の痛みを和らげる方法=

 プロポーションテスト

について紹介します。

 

ご自身の”腰痛のタイプ”を

しっかり把握して対処法を知り

イタイイタイ」という感情や

言葉を少なくしていきましょう。

 

 

毎日生活していると

ついイタイイタイと

言葉に出してしまうことが

ありますよね。

 

そんなネガティブな感情や

言葉を持っても良い事はないと

わかってはいるけど…

 

イタイイタイって言葉にしない

人なんていないはずです。

 

腰が痛くなってくると気持ちが

落ち着かず周りの人に八つ当たり

してしまったり不機嫌な声で返事

してしまったり…。

 

後から、「機嫌が悪い態度を

取るんじゃなかった。」と

後悔しますよね。

 

でも自分のイタイイタイという

痛みとしっかり向き合い

”腰痛のタイプ”を把握することで

 

痛みをうまくコントロールする

ことができるようになります。

 

毎日の生活をもっと快適に

穏やかな気持ちで過ごすために

日々の生活にプロポーションテスト

を取り入れてみませんか?

 

 

「プロポーションテスト」とは?

 

「プロポーションテスト」とは

寝転がっているときの脚の位置で

身体のバランスがわかる方法。

 

痛みを和らげてくれる方法です。

僕はこの方法を腰痛の治療にも

取り入れています。

 

「プロポーションテスト」を

行う上で大切なポイントは

”何も考えず仰向けに寝転ぶ”

ことです。

 

ただこれだけなので難しく

考える必要はありません。

 

図で紹介!痛みを和らげる3つの「プロポーションテスト」

 

仰向けで片方の膝を曲げる

f:id:lowbackpain-masa:20191130001326j:plain

 

仰向けで片脚が四の字の姿勢にする

f:id:lowbackpain-masa:20191130003658p:plain

 

仰向けで片脚がくの字の姿勢にする

f:id:lowbackpain-masa:20191130004212p:plain

あなたはどのタイプ?自分の”腰痛のタイプ”を知ろう

 

痛みのコントロールと

いってもどんな体勢の時に

腰が痛いかは人によって違い

ますよね。

 

プロポーションテストを

実践する前にご自身の

腰痛のタイプ」を理解して

おくことが大事なポイント。

 

みなさんは

どのタイプがあてはまり

ますか?

 

プロポーションテストと

腰痛のタイプを組み合わせた

腰痛を和らげる方法を紹介

しますので参考にしてください。

 

前屈で腰が痛いタイプ

f:id:lowbackpain-masa:20191015214053j:plain

 

身体の後面が伸びずに

腰に痛みを訴えるタイプです。

 

・痛みを和らげる姿勢

左右どちらかの膝を

曲げて痛みが和らぐかを

見つけましょう。

 

後屈で腰が痛いタイプ

f:id:lowbackpain-masa:20191015224330j:plain

 

身体の前面が伸びずに

腰に痛みを訴えるタイプです。

 

・痛みを和らげる姿勢

左右どちらかの足を

くの字のようにして

痛みが和らぐかを

見つけましょう。

 

 

回旋・側屈で腰が痛いタイプ

f:id:lowbackpain-masa:20191026212927j:plain

f:id:lowbackpain-masa:20191026212828j:plain

 

身体の側面が伸びずに

腰に痛みを訴えるタイプです。

 

・痛みを和らげる姿勢

左右どちらかの足を

四の字のようにして

痛みが和らぐかを

見つけましょう。

 

イタイイタイを和らげて毎日を快適に♬

 

f:id:lowbackpain-masa:20191130005133p:plain

 

「痛い」ってかなり

ストレスになりますよね。

 

痛いっていうストレスを

なくすことができれば

毎日の生活をもっと快適に

過ごすことができますよね。

 

腰痛を和らげるためにも

「プロポーションテスト」を

身に着けて腰の痛みを和らげて

いきましょう!

 

 

最後まで

読んでいただき

ありがとうございました。