ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

【腰痛の方へ】最近、ストレッチをしましたか?今見直したい、ストレッチで大事な4つのルール!

 

腰痛の方で痛みを少しでも

和らげようと自宅で手軽に

そして簡単にできるストレッチ

をしている人は多いと思います。

 

でもあなたがしている

そのストレッチはちゃんと

ルールに沿っていますか?

 

このルールに沿っていないと

いくら頑張っても腰の痛みは

全く変化しないのです。

 

今回は知っているようで

知らないかもしれない

ストレッチをする際の

4つのルールを紹介します。

 

 

ストレッチをする時の4つのルールとは?

f:id:lowbackpain-masa:20191207010923p:plain

 

あなたはストレッチをする時

何に気をつけてストレッチを

していますか?

 

「息を吐きながらすること」

 

「痛い所まで伸ばさないと

 効く感じがないから

 痛い所まで頑張って

 ストレッチをしている」

 

実際にストレッチをしたことが

ある人に聞いてみると青文字で

書いている言葉を言う人が多い

印象がありました。

 

そしてストレッチのルールを

お話しすると「え!そうなの?」

とビックリしてその後にそれは

知らなかったよね…

 

このような反応がよく起きて

います。

 

ストレッチを紹介している本は

このご時世たくさんありますが

ストレッチのルールを書いて

あることは非常に少なく

 

そしてストレッチの仕方には

詳しい方が多いのですが

ルールに詳しい方はごくごく

稀か全く知らないかの2極化です。

 

しかしここから先を読み進める

ことであなたはストレッチの

ルールを知ることができて

 

必ず効果が出るストレッチを

することが出来るように

なりますよ!

 

ルール1:リ〇〇〇スする

f:id:lowbackpain-masa:20191207010030p:plain

 

ストレッチのルール1は

《リラックスする》

なります。

 

ここで疑問に思う所が

なんでリラックスしないと

いけないんだろう・・・

 

このように頭の中で?が

きっとクルクルと回って

いるかもしれません。

 

実はリラックスすることで

筋肉が柔らかくなりやすく

なるのです!

 

リラックスの反対は

緊張になりますから

緊張していると筋肉に

力が入って筋肉は硬い状態。

 

筋肉が硬い状態で

ストレッチをしても腰痛が

悪化するだけですので

 

《リラックスする》ことが

大事になってくるわけ

なのですね。

ルール2:〇〇後がおススメ

f:id:lowbackpain-masa:20191207010252p:plain

 

ストレッチのルール2は

《入浴後がおススメ》です。

 

なんで入浴後かと言いますと

それは筋肉が温かくなり

柔らかくなりやすい状態を

作れるからなのです。

 

身近なもので説明しますと

レトルトカレーや冷凍食品を

食べる時は湯せんで温めるか

レンジでチンして温めますよね?

 

温めてから食べると美味しさも

増しますよね。

 

筋肉もそれと同じで

お風呂で十分に温めてから

ストレッチをしないと

いけないのです。

 

そして筋肉が伸びやすい

環境を《入浴後》が

作ってくれているのです。

 

ルール3:痛い所まで〇〇

f:id:lowbackpain-masa:20191207010419j:plain


ストレッチのルール3は

《痛い所まで伸ばさない》

になります。

 

よくストレッチは痛い所まで

伸ばさないと効き目がないと

言う方がいるのですが逆に

痛みが悪化するだけなのです。

 

そもそも痛みを感じるという

事は、体を守るための装置

なので筋肉には力が入って

しまいます。

 

痛みを感じた時は全身に

力が入ってしまう経験は

したことがありませんか?

 

画びょうを踏んで足を

挙げない人はいないですよね。

 

痛みを感じるまで伸ばして

いるということは画びょうを

踏んだ時と同じことが筋肉で

起こっているのですよ。

 

ルール4:息を吐きながら〇〇秒数える


幸福, 喜び, 純粋な空気, 自由, 熱意, 満足, オープン エア, 自然, 呼吸

ルール4が最後となります。

 

それは

《息を吐きながら30秒伸ばす》

になります。

 

筋肉にも酸素が必要に

なってくるのです!

 

運動をしていた経験が

ある人はわかると思いますが

酸欠になると筋肉が硬直して

きませんでしたか?

 

息を吸って息を吐くことで

筋肉の中に十分酸素が

まわるようになりますので

息を吐くことも大切になります。

 

次に《30秒伸ばす》ですが

筋肉の中には筋肉が伸びた

時に働く装置があり

 

この装置が働いて筋肉が

伸びる状態になるのに

30秒という時間が必要に

なるのです!

 

だから

《息を吐きながら30秒伸ばす》

というのは

 

筋肉に十分酸素をまわし

30秒かけて筋肉が伸びやすい

状態を作るのに大切だという

ことなのですよ。

 

最後に

f:id:lowbackpain-masa:20191207011020p:plain

 

ストレッチの4つの

ルールを読んでみて

いかがだったでしょうか?

 

初めて知った人もいれば

もうすでに知っているよと

いう方もいることでしょう。

 

この4つのルールはとても

大事になりますので

永久保存版でお願いします!

 

そしてこれからストレッチを

するときはこの4つのルール

を意識して実践していただけたら

幸いです。

 

 

今日も最後まで

読んでいただき

ありがとうございました。