ようつうがらくになるブログ

腰痛の原因や症状、ストレッチ、予防法を主軸としたブログ

腰痛にならない人がコッソリとやっている、3つのシンプルな習慣

 

毎年、毎月と腰が痛く

なってしまう人がたくさん

います。

 

しっかり腰痛を治したはず

なのに腰痛を繰り返してしまう

のはもったいないですよね。

 

病院や治療院とお友達みたいな

感じになってしまうなんてことも…

 

今回は、腰痛にならない人が

こっそりとしている3つの習慣を

お伝えしていきますので、

腰痛予防をしましょう!

 

 

1.中腰にならない

f:id:lowbackpain-masa:20191219162504p:plain

 

中腰の姿勢になる場面と

よく遭遇することがよく

ありますよね。

 

腰痛になる原因の一つに

中腰の姿勢があります。

 

中腰の姿勢がなぜ腰に

悪いのかというと

腰の骨と骨の間にある

椎間板(ついかんばん)と

 

背中らか骨盤にむかって

付いている筋肉に負担が

かかりやすいからなのです。

 

中腰の姿勢を続けていると

腰がプルプルと震えている

ような感じになった事がある

経験がある人もいると思います。

 

なので中腰の姿勢を避けたり

中腰にならないようにする事を

腰痛にならない人は実践しています。

 

2.下の物を取るときは膝を曲げている

f:id:lowbackpain-masa:20191219162703p:plain

 

実はこの膝を曲げる事は

腰痛にならないためには

基本中の基本となります。

 

なぜなら、膝を曲げない事に

よって太ももの後ろの筋肉が

引っ張られる状態となって

しまいます。

 

下の物を取る時にかがむ動作

では骨盤は前側に傾きたいのに

膝を伸ばしていては骨盤は後ろに

引っ張られてしまうのです。

 

後ろに引っ張られる事によって

腰への負担は大きくなって

しまうので膝を曲げることが

大切なのです。

 

3.寝る時は膝の下にタオルを入れている

f:id:lowbackpain-masa:20191219162814j:plain

 

腰に痛みがあるあなたに

少し質問をしたいと

思います。

 

寝る時も腰痛にならないように

何か対策をとっていますか?

 

中には対策をとっている人

対策をとっていない人

どちらの人もいることで

しょう。

 

実は寝る時にこそ腰痛対策を

取らないと長い時間腰に負担

をかけてしまっているという

ことを知って欲しいのです。

 

睡眠時間の平均は6~8時間

くらいだと思います。

 

そしてこの6~8時間もの間

何も対策をとっていないと

 

仕事をしている時と同じ

くらい腰にダメージを与えて

しまっていることになりますよね。

 

だから仰向けで寝る時には

膝の下にタオルを丸めて

膝が少し曲げた状態にして

あげることで反り腰を防げます。

 

この反り腰を防ぐことで腰痛に

なりにくくなるのですよ。

 

なぜ反り腰が関係あるのかと

言いますと、腰が後ろに反って

いる状態ですので背筋や腰の筋肉が

常に緊張しているからです。

 

腰痛にならない人は

この事も十分理解していますよ。

 

最後に…

f:id:lowbackpain-masa:20191219163651p:plain

 

ここまで読んでみて

いかがだったでしょうか?

 

腰痛にならな人がしている

ことってかなりシンプルな

内容でしたよね。

 

この記事に書いた3つの

シンプルな習慣を実行する

ことによってあなたも、

 

腰痛にならない・繰り返さない

腰痛と無縁になる日が近ずく

ことになるでしょう!

 

そして趣味や楽しい時間を

思いっきり楽しみましょう。

 

 

本日も最後まで

読んでいただき

ありがとうございます。